小松純也 Twitter 小松純也 Twitter bot 小松純也 歌詞 bot

小松純也 日記 小松純也 エッセイ ブログ 小松純也 Facebook

小松純也 企画 イベントブログ 小松純也 企画 イベント Twitter

小松純也ベストアルバム『こもれび(仮)』楽曲構成リスト
小松純也 アルバム スポンサー 募集中!!

2014年06月17日

夢の入り口 作詞・作曲 小松純也

夢の入り口 作詞・作曲 小松純也

動物が大好きな君僕を捨て犬と間違えて
小さいアンパン6個入りの袋をくれました
真っ直ぐで強い瞳吸い込まれそうで会う度に僕は惹き付けられた
週に数度の3分の時間たったそれだけでも
君が僕を大切に思ってくれてるのが解る
夢の入り口は違う部屋でも心の手は握れるから
僕は君の手を離したくはないよ
君と歩く未来に向かって歩きたい

本数の少ない路線時間はギリギリなのに
走ってアンパンを買って手渡してくれました
少し潤んだ瞳とても優しくて僕はその時にきっと恋に落ちた
初めてのデートで撮った2人一緒のプリクラ
寝る前に見直す度にニヤニヤしてしまう
夢の入り口は違う部屋でも君の声は聞こえるから
僕は耳を澄ましてずっと聞いてるよ
君と歩く未来を夢見て微笑んでいる

夢の入り口は違う部屋でも君を想う事は出来るから
僕は君の事が本当に大好きだよ
僕と一緒に同じ道を手を繋いで歩いてくれませんか?
ラベル:夢の入り口
posted by 小松純也 at 02:20| 埼玉 ☔| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする