小松純也 Twitter 小松純也 Twitter bot 小松純也 歌詞 bot

小松純也 日記 小松純也 エッセイ ブログ 小松純也 Facebook

小松純也 企画 イベントブログ 小松純也 企画 イベント Twitter

小松純也ベストアルバム『こもれび(仮)』楽曲構成リスト
小松純也 アルバム スポンサー 募集中!!

2017年07月29日

10=a+b a*b=21 作詞・作曲 小松純也

10=a+b a*b=21 作詞・作曲 小松純也

毎晩君とやり直す夢を見るよ
途切れた道はあの時のまま
小さな街だから君の事も耳に入るけど
今の君を僕は愛せないだろう
君の居た場所にツギハギを当てて
あの頃よりよく笑うようになったよ
チワワが嫌いになった
夏祭りも金魚すくいも
お化け屋敷も今は嫌いだよ
あの店には行かなくなったよ
だって君を思い出すから

飛び交う会話にも君との時間見つけ
すれ違う人混みに君を探して
知らなかった場所にも君を探している
僕の愛した君はもう居ないけど
預けた鍵を君は返してくれなかったから
あの頃のように心開く事なくなったよ
スカンツを目で追いかけてる
似た背格好や似た表情や
似た髪型の人を見つけて振り向く
今はきっと違う髪型だろうけど
僕の帰りたい場所は無くなったよ
だって君はもう居ないから

君を振り切る為に僕は街を出たのに
何処に行っても
君に見せたい景色だけ増えて行く

チワワが嫌いになった
夏祭りも金魚すくいも
お化け屋敷も今は嫌いだよ
僕の帰りたい場所は無くなったよ
だって君はもう居ないから
ラベル:10=a+b a*b=21
posted by 小松純也 at 18:23| 埼玉 ☔| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国島流し地獄篇 作詞・作曲 小松純也

戦国島流し地獄篇 作詞・作曲 小松純也

君を探す旅を始めようサイコロ振って
運命に誘われてギターを抱えて
あてもない旅まだ見ぬ君を探して
変えられない昨日は振り切って
誰かに用意された安心は要らない
輝けないなら生命さえも要らない
ただ何処かで僕を待っている筈の
君に会いたい
移動の交通費の10倍稼いで次の街に
人に頼るヒッチハイクは禁止
友達の家には泊めて貰っちゃいけない
バナナはおやつに入らない
バナナはおやつに入らない

新しい街と歌を求めサイコロ振った
宿命を帯びた揚羽蝶の家紋を背負い
あてもないまだ見ぬ明日を目指して
滅びゆく未来を変える優しい戦いへ
誰かに用意された保証は要らない
望み通りじゃなければ未来も要らない
ただ僕にしか出来ない事見つけながら
君に会いたい
足りない己の見識を広げて次の街へ
世界を変えたい仲間を募集中
将来の伴侶見つけて疑惑を晴らすのだ
バナナはおやつに入らない
バナナはおやつに入らない

平家の嫡流小松家
落ち延びた武門の血の定め
魔道に進む祖国を救う為
覇王が遺した夢
向かって来た試練を楽しめ
そして優れた才覚を尊べ
苦難に満ちた人生を喜べ
尊敬し合える友と出会え

まだ出会っていない僕を待ってる君が
この世界の何処かに居ると信じて
独りきりで淋しい夜を過ごしていても
大丈夫僕は君に会いに行くから

おやつ代の上限が300円までとしても
大丈夫バナナはおやつに入らないから
posted by 小松純也 at 18:22| 埼玉 ☔| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅立ちの唄 作詞・作曲 小松純也

旅立ちの唄 作詞・作曲 小松純也

誰かに期待する事はもうやめにしよう
この先は自分の足で歩けるから
行き先も決めずただ温もり感じる方に
歩いて行けば君に出会えるかな?
小さな檻の中で不満漏らすばかりで
全てを否定していたよ自分さえも
もっと広い場所へ行こう恐くないさ
自分を傷付けるのはもうやめよう
大きな海へ船を漕げば僕達を隔ててる
時間さえもきっと越えて会いに行ける
心の底に眠る熱き想いに身を任せて
君の場所へ歩いて行くよ

誰かを頼る事はもうやめにしよう
戦っていれば仲間は増えるから
誰も頼らず孤独を振り切った先に
君の笑顔が待っているかな?
小さな世界の中で傷付けられて来て
世界の全てが敵に見えていたけど
居場所は何処にでもある旅に出よう
自分を偽るのはもうやめよう
大きな海に船を出せば僕達を隔ててる
時間さえもきっと越えて会いに行ける
心の底に残された微かな記憶頼りに
君を探す旅に出るよ

世界への違和感は
僕を探し出す為の鍵
君がどれだけ泣き叫ぼうが
僕はここで待っているから
さあ踏み出して僕の手を掴んで

大きな海で船を漕げば僕達を隔ててる
時間さえもきっと越えて会いに行ける
心の底に残された君の記憶を頼りに
君を探しているよ
君に会いに行くよ
posted by 小松純也 at 18:20| 埼玉 ☔| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする